Currently in post-production

A Bloody Taboo 


Director, Camera, Editor: Sybilla Patrizia

Documentary Short Film
Original Language: Japanese
Subtitles: English, Japanese

短編ドキュメンタリー映画
言語: 日本語
字幕: 英語、日本語

"A Bloody Taboo" is a short documentary film shot in Tokyo, Japan which explores women’s rights issues related to period stigmatization, the tampon tax and the wider discussion of gender discrimination in Japan. Through intimate interviews with an eclectic collection of voices, the film explains the lack of open discussion and the taboos surrounding menstruation in Japan, which has recently become a hot topic in the wider discussion of women’s rights in Japan and around the world.

「生理というタブー」は、主に生理に対する偏見に関する女権問題を取り上げるドキュメンタリー映画である。性差別について活動家、高校生、アーティストや市民、平等を訴える芸術家などを取材し、様々な声を特集する。女性の健康に関わる課題の偏見や議論の少なさを浮き彫りにします。


Background
Menstruation is a natural part of women’s bodies and female reproductive health. Although half of the world’s population is women and most of them will have periods for about 30-40 years of their life,period stigmatization still exists. 

Our goal is to examine period stigmatization and discrimination in Japan, which ranks 121st out of 153 countries in the 2020 World Economic Forum Gender Gap Index—an indicator of the country’s lasting patriarchy. Period discrimination and period poverty might just be two of many issues in the fight for women’s equality, but they disproportionately affect some of the most vulnerable parts of our society: young women and women in poverty. By unraveling period stigma, we will show how women’s health issues are human rights issues that are relevant to people of all genders. 

環境
生理は女性の体に自然に起きる現象である。世界の半数が女性であっても、また、女性の生涯の30年から40年は生理が来ても、生理に対する偏見は未だ存在している。世界各国のメディアは近年、途上国で生理が理由で学校に通えない少女について報道をすることが増えたが、私たちの追求は途上国に止まらない。

日本等のいわゆる開発国での生理に対する偏見や差別についても調べる。(世界経済フォーラムの男女平等ランキングで日本は153ヶ国中121位に位置付けられ、国が男性優位社会であることが浮き彫りになった。生理に対する差別や生理用品が買えない貧困、「生理貧困」などの問題に取り組むのは、女性の平等のために戦う2つの方法かもしれない。しかし、このような問題で最も苦しんでいるのは、貧困に暮らす女性である。生理に対する偏見をほどき、女性 の健康問題や人権が性別問わず、人類にとって関連があるということを証明する。生理に対する差別や生理の貧困は世界各国の女性の機会に影響を及ぼすものである。